芳国舎のこだわり

贈答品として

プレミアム商品

渋草焼とは

渋草焼とは

飛騨高山で江戸末期から続いている手造り、手描きの焼き物(陶器、磁器)です。
創業は1841年(天保12年)。
高山陣屋飛騨群代「豊田藤之進」が、地元に新たな産業の発展を目指し、陶器の生産を御用商人にさせ、現在の陶房所在地『渋草』という地名の所に半官半民の陶磁器製造所を開窯させたのが始まりです。

渋草焼とは
陶器と磁器の違いについて

陶器と磁器の違いについて

一般的に「陶器」と言われている(焼き物)ですが、大きく分けると「陶器」と「磁器」に分けられます。
大きな違いは、「陶器」は原料が粘土、「磁器」は原料が石、という事です。
芳国舎の現在の作品は「陶器」ではなく、「磁器」のみの製造を致しております。

陶器と磁器の違いについて

イメージ:後世に伝えていきたい飛騨高山の「匠の技」がある

江戸末期(1841年)天領だった飛騨高山の渋草という場所に、当時の郡代(豊田藤之進)が初めたやきもので、原料に陶石を使った手造りの白い器(磁器)に手描きで渋草調といわれる独特の絵付を施し、現在もその伝統を守って飛騨高山にて製造販売しております。

明治時代「勝海舟」に名付けられたと云う「芳国舎」の社名を誇りとし、職人一同心をこめて造っております。
是非、ご愛用ください。

RSS Feed Widget

芳国舎からのお知らせ

お知らせ
2015年9月28日
作品が予定より早く焼きあがりました。
2015年9月15日
第3回上二ノ市が開催されました。
2015年8月19日
第3回上二ノ市が9月12~13日に開催されます。
2015年8月19日
プレミアム商品に特別デザインのカップを追加しました。
2014年9月20日
第2回上二ノ市が開催されました。
2014年5月1日
「プレミアム商品」について。
2014年4月23日
雪解けの工場裏の斜面から昔の窯跡が顔を出しました。

イメージ:フォトギャラリー

イメージ:スタッフブログ 渋草記

お客様の声

イメージ:陶房等御案内

イメージ:渋草焼の輪

プレミアム商品

高山市ふるさと納税「お礼の品」に採用

Facebook