イメージ:フォトギャラリー

飛騨高山の陶磁器・渋草焼は、原料に陶石を用いて今なお手造り手描きという工程のほとんどを手作業という伝統を守り続けております。明治時代「勝海舟」に名付けられたと云う「芳国舎」の社名を誇りとし、職人一同妥協を許さず、ひとつひとつ心をこめて造っております。

フォトギャラリー集

工房の外観
工房の看板が新しくなりました
工房の看板が新しくなりました
下絵付
看板商品の1つ(水指)
直売店、店内風景
直売店、店内風景(実際の食卓をイメージしてみました)
直売店、店内風景
イメージ:お皿を看板にしてみました
イメージ:作るのが大変でした
イメージ:泳いでいるように見えませんか
イメージ:若手主力の一人です
イメージ:若手ろくろ師です
イメージ:無造作に置かれた工場の見本棚
イメージ:これも文化財です
イメージ:小屋の説明です
イメージ:最盛期は見応えあります
イメージ:和洋折衷
イメージ:洋食卓にも合います
イメージ:妹が食べたいと言うので
イメージ:コンビニのおでん
イメージ:近くのcafe(ino)にて
イメージ:デザートと渋草焼
イメージ:栗のプリン by ino
イメージ:on the cake
イメージ:枝豆とビール
イメージ:得意料理!!
イメージ:○○園の…
イメージ:快心の盛り付け
イメージ:コーヒーカップ1客15,750円から
イメージ:日本の食卓
イメージ:ぐい呑み集合!!
イメージ:御食い初め
イメージ:high price
イメージ:江戸時代より自然と共に
イメージ:見に来て頂けたら光栄です
Copyright c HOUKOKUSHA.CO.JP All rights reserved.

芳国舎の陶器、焼き物は職人一同妥協を許さず、ひとつひとつ心をこめて造っております。
工芸品や贈答品としても大変喜ばれると思います。通販も行っておりますので、是非ご活用下さい。